中国輸入ビジネスで売っチャイナ

EXCELで出来るネットショップの効率化、中国の習慣やどうでもいい話を記事にしています。

ネットショップやるなら敷居の高い方が実は楽

      2015/05/09

20130830-1

ネットショップやるとなったら、何を売りますか?
商品を選ぶに当たって、本当に色んな商品があると思いますが、
以前、ネットショップ運営仲間とこんな話をした事があります。

 

それはちょうどアメリカからの輸入商材でどんな店を作るかって話を
していた時です。

 

友人Aさん
『嫁とも相談したんだけどね、ネットで靴は駄目だね。だって靴って絶対に試着して買うでしょ?』

 

実はAさんから、そう言われた時、私は某ブランドのブーツ専門店を作っていました。
確かにおっしゃる通りと思いましたが、逆転の発送で
『だったらライバルが少ないんじゃないか?』と私は考えた訳です。

 

確かに靴をネットで購入する人は少ないのかも知れません。
ですが、まったくいない訳では無いのです。
事実、私の卸サイトでも靴は売れていたんです。

 

実際に某ブランドのブーツ専門店をオープンさせた訳ですが、オープン初月から
きっちり売上は上がりました。
ブーツなので夏場は閑散期なので売上はほとんどありませんが、春、秋、冬は
よく売れます。
そして、未だにそのショップは黒字運営しています。

 

自分だけのものさしで物事を判断するのは危険だと言う事ですね。
世の中には、いろんな人がいて、靴は試着しないで買う人もいるって事です。

 

ネットショップのいい所は、全国から集客出来るので相当ニッチな商品でも
マーケティングさえしっかり抑えておけば、売れます!

 

ですが、そういった商品は敷居が高いのも事実です。

 

靴の場合、友人のAさんが言う様におそらくほとんどの人が試着してから買う訳です。
試着しないで買う人だって、試着しないで買うことに全く不安が無い訳では無いはずです。

 

それの不安をページ上で、どうにかして払拭させる必要がある訳です。
それが出来ない場合は、まったく売れないサイトになってしまいます。

 

ですが、成功すれば敷居が高い分、ライバルの参入も少ない訳です。

 

ライバルの多い商材は価格の叩き合いになって、粗利が少なく運営が大変です。
ライバルの少ない商材は粗利が高く、比較的楽に運営が出来ます。

 

どちらにもメリットデメリットがありますが、自分で勝手にこの商品は駄目だと
決め付けない事が重要です。

 

相場を調べて粗利が取れる商品は、どうにかして売る方法が無いかどうか
考えたり、調べたり、または実際に売ってみたりして、本当に駄目なのかどうか
確認する癖をつけましょう。

 

物事はなんでもやる前から諦めたらそれで終わりです。

ハセガワは今何位?


 - ネットショップマーケティング

アドセンスPC

アドセンスPC

  関連記事

アドワーズ広告等の外注手数料マジック

皆さんはGoogleAdwords広告やYahoo!リスティング広告って、どうし …

20130228-1
ネットビジネスは継続的な学習が必要

中国北京の飲食店に・・・ 飲食店の張り紙がニュースになっているのですが、こう言っ …

20131008-1
店長ブログのあり方

こんにちは。楽天優勝セールでてんやわんやの長谷川です。 まったく野球に興味が無い …

検索クエリを見てショックを受けました…orz

皆さんこんにちは~。長谷川です。 本日、とるブログに目を通していたらGoogle …

リスティング広告のキーワード探しに類義語はいかがですか?

こんにちは~! 最近リスティング広告の結果が悪くうなだれている長谷川です。 &n …

一括更新データ使用時の注意点

弊社にて配布している商品一括更新データの注意点と言いますか、 有効な使用方法につ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>