中国輸入ビジネスで売っチャイナ

EXCELで出来るネットショップの効率化、中国の習慣やどうでもいい話を記事にしています。

ネットショップ開店前準備 決済方法を準備しよう。Vol.1

      2015/04/27

こんにちは。長谷川です。

ネットショップを開店する前に是非準備して頂きたいのが決済方法です。

なぜ開店前に準備して欲しいかと言うと、決済方法の準備には時間が掛かるからです。
開店前に揃えておきたい決済方法としましては、

銀行振込
クレジットカード決済
代金引換

これだけあれば十分だと思います。
実際、私の運営するネットショップでも上記3つの決済方法だけで月商100万超のお店があります。
決済方法がいくつもありすぎると管理も面倒ですし、経費も掛かりますので最初は必要最低限にして後から必要な決済方法を増やしていく方法が吉だと思います。

今日は上記決済方法から銀行振込について説明したいと思います。
お得な情報を記事の最後に記載していますので、記事を読まれる方は必ず最後まで読んでください。

 

まず銀行振込の決済方法で準備して欲しいのはネットバンクです。
もちろんネットバンクでは無い普通の銀行口座でも構わないのですが、お客様から『振込したよ~確認してよ~』と連絡があったらすぐに確認してお客様に連絡をしたいですよね?

通常の銀行口座でも振込があると電話連絡してくれたりFAXしてくれたりしてくれるサービスもありますが、ネットバンクだったら振込があったらメールがもらえたり、ネットショップ側からお客様に対して返金しなければならない際も銀行に行く必要は無いのです。

しかも最近ではスマホで入金確認や振込も出来ますから、外出してても大丈夫です。

また、ネットバンクは振込手数料が安いです。

 

上記理由でネットバンクの口座は開設しておいた方がいいと言うか、ネットショップには必須と言ってもいいでしょう。

 

下記は各主要ネットバンクの振込手数料やサービス等まとめた表になりますので、是非参考にして下さい。

振込手数料
同行3万円未満
同行3万円以上
他行3万円未満
他行3万円以上
楽天銀行
無料(法人50円)
無料(法人50円)
160円
250円
ジャパンネットバンク
52円
52円
168円
262円
住信SBIネット銀行
無料
無料
150円(月3回無料)
150円(月3回無料)
じぶん銀行
無料
無料
170円
270円
新生銀行
無料
無料
300円(月1~10回無料)
300円(月1~10回無料)
スルガ銀行(ANA支店)
無料
無料
315円
420円
セブン銀行
52円
52円
210円
210円
ソニー銀行
無料
無料
210円(月1回無料)
210円(月1回無料)
りそな銀行
無料
無料
100円
100円
三菱東京UFJ銀行
無料
無料
210円
315円
三井住友銀行
105円
105円
210円
420円
みずほ銀行
105円
210円
210円
420円
ゆうちょ銀行
110円(月5回無料)
110円(月5回無料)
210円
420円

 

銀行名
一日の振込上限額
当日振込受付時間
楽天銀行
1000万円(初期設定100万円)3000万円(本人名義他行宛)
0:00~15:00
ジャパンネットバンク
1億円(初期設定300万円)
0:00~15:00
住信SBIネット銀行
1000万円超(初期設定200万円)
0:00~15:00
じぶん銀行
1000万円(初期設定50万円)
0:00~15:00
新生銀行
200万円超(初期設定50万円)
0:00~14:30
スルガ銀行(ANA支店)
1000万円
0:00~15:00
セブン銀行
1000万円
0:00~15:00
ソニー銀行
1000万円
0:00~15:00
りそな銀行
1000万円
0:00~15:00
三菱東京UFJ銀行
1000万円
0:00~15:00
三井住友銀行
1000万円(初期設定100万円)
0:00~15:00
みずほ銀行
登録先:2000万円その他:500万円
0:00~15:00
ゆうちょ銀行
200万円(初期設定50万円)
0:00~15:00

 

私のオススメとしては住信SBIネット銀行ですね。
住信SBIネット銀行はネット銀行として運営するのが遅かった為、他行のネットバンクを相当意識しているだろうと思います。
その為、振込手数料やサービスが他行と比べても良いと言うのがポイントです。

 

また、ゆうちょ銀行も是非口座開設してください。
ゆうちょ銀行の口座を持っているお客様、使っているお客様はかなり多いです。
銀行振込決済を選択されるお客様でゆうちょ銀行から振込をしてくるお客様は約50%です。

ゆうちょ銀行どうしの振込だったらATMで振り込めば無料。ゆうちょダイレクトでも月5回までは無料ですから、お客様から店舗への振込手数料が無料になると言うのはお店の売りにもなります。
そう言った事を考えるとゆうちょ銀行の口座は開設しておいた方がいいと思います。

ゆうちょ銀行のネットバンクの名称はゆうちょダイレクトと言います。
ネットバンキングのゆうちょダイレクトに申し込みをしましょう。ゆうちょダイレクトに申し込むにはゆうちょ銀行に口座開設(旧ぱるる)が必須となってますので、未だ持っていない人は同時に申し込みしましょう。
口座開設にはお近くのゆうちょ銀行もしくは郵便局の貯金窓口で手続き可能です。

 

ここで各銀行に口座開設する際に是非利用して頂きたい重要なお知らせがあります。

銀行口座を開設する時はポイントサイトを利用して下さい。
ポイントサイト経由で口座開設すれば、ポイントがもらえます。
もらったポイントは現金として受け取る事が可能なんです!!

自己アフィリエイトでもいいのですが、自己アフィリの場合ASP各社に支払い金額の縛りがありますので、3千円とか5千円の報酬がたまらないと現金として振り込まれてきません。

その点、私が紹介するポイントサイトは300ポイントから現金に交換可能です。しかも振込手数料はポイントサイト負担です。(2013年2月4日現在)
もらったポイントは簡単に現金として受け取れるのです。

 

私がオススメするのはポイントサイトの中でも特に案件の多いハピタスをオススメします。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
こちらのバナーからハピタスに登録頂いただけで、もれなく30pt(30円分)のポイントがもらえます。

 

多少手間は掛かりますが、いくら少ない資金でオープンできるネットショップと言えど資金は節約したいですよね?
少しだけ手間は掛かりますが、ほんの5分10分の手間で資金を節約出来るのですから、やった方がいいに決まっています。
はっきり言うと、こういった細かい事の積み重ねで会社は利益を出す訳ですから、この少しの手間を面倒くさいと思ってやらない人は経営には不向きだと思います。

是非こういったサービスを有効に活用して小資金でオープンまで頑張りましょう。

 

クレジットカード決済と代金引換決済については連載形式で後日更新させて頂きます。

ハセガワは今何位?


 - ネットショップの開店準備 , ,

アドセンスPC

アドセンスPC

  関連記事

paypal-c_1
ネットショップ開店前準備 決済方法を準備しよう。Vol.3

一昨日の記事、 クレジットカード会社の審査を待たずにネットショップにクレジットカ …

20120219-1
配送方法を準備しよう

連日、中国の悪いニュースが飛び交っていますね~。 中国からの輸入ビジネスを柱にし …

20130716-1
ネットショップの開業前準備 手順を紹介

個人の方がネットショップを開業する際の手順を1から順に説明していきます。 1.  …

MAX_omaeha
ネットショップ開店前準備 決済方法を準備しよう。Vol.2

本日は昨日の続きでネットショップの開店前準備の決済方法のクレジットカード決済を説 …

haisou
ネットショップ開店前準備 代金引換決済を準備しよう

以前の決済方法の準備の記事を読んで無い方はこちらから。 ネットショップ開店前準備 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>