中国輸入ビジネスで売っチャイナ

EXCELで出来るネットショップの効率化、中国の習慣やどうでもいい話を記事にしています。

配送方法を準備しよう

      2015/05/06

連日、中国の悪いニュースが飛び交っていますね~。
中国からの輸入ビジネスを柱にしている私としては、日中関係が悪くなるのは大変迷惑なので、マスコミの方々もあんまり大袈裟に報道しないで欲しいと言うのが本音です。

20120219-1

最近問題になっている中国の空気汚染。北京の空気は空港の喫煙ルームより汚いそうですよ・・・。

 

こんにちは長谷川です。

本日はネットショップには必要不可欠な配送方法の準備について説明をさせて頂きます。

取り扱う商品によって、色々変わってきますが、宅配便は絶対に必要なので、宅配便はゆうパック、佐川急便、ヤマト運輸、西濃運輸、全てに見積もりを取りましょう。
大きな商品を扱う場合は西濃運輸が安く配送してくれます。

次はメール便です。
メール便は色々な業者が扱っていますが、ヤマト運輸のクロネコメール便が一番使い勝手がいいでしょう。
佐川急便もメール便がありますが、荷物の追跡が出来ないので、お客様のクレームになりやすいです。
郵便局も民営化してからは色々なサービスが安く使える様になりました。クロネコメール便のB4サイズが廃止になってしまったので、郵便局のポスパケット等を有効活用するといいでしょう。

 

また、配送業者と契約する時に必ず確認したいのが、お客様からの着払い返品も契約運賃でやってくれるのかどうかと言う事も必ず確認して下さい。
ネットショップを運営していて、お客様からの返品が100%無しと言うのはありえませんから。

地域によっても違うかもしれませんが、私の地域ではこれが出来るのは佐川急便だけでした。

上記の事を全て踏まえると、弊社では佐川急便、ヤマト運輸、郵便局と3社を使っていくことになります。
ややこしくなりますが、3社をうまく使う事で輸送経費がかなり違ってきますので、しっかり理解をして決定する必要があります。

また、ショップによって荷物の大きさも変わって来たり、扱う商品も違うと思いますので一概にどこの配送業者がいいと言う事もないですし、配送業者各社は常に競争していて、よく新しいサービスも出たりします。
各配送業者のサービスを定期的にチェックすることで大幅な経費削減に繋がる事もあります。

ハセガワは今何位?


 - ネットショップの開店準備 ,

アドセンスPC

アドセンスPC

  関連記事

20130716-1
ネットショップの開業前準備 手順を紹介

個人の方がネットショップを開業する際の手順を1から順に説明していきます。 1.  …

paypal-c_1
ネットショップ開店前準備 決済方法を準備しよう。Vol.3

一昨日の記事、 クレジットカード会社の審査を待たずにネットショップにクレジットカ …

ネットショップ開店前準備 決済方法を準備しよう。Vol.1

こんにちは。長谷川です。 ネットショップを開店する前に是非準備して頂きたいのが決 …

MAX_omaeha
ネットショップ開店前準備 決済方法を準備しよう。Vol.2

本日は昨日の続きでネットショップの開店前準備の決済方法のクレジットカード決済を説 …

haisou
ネットショップ開店前準備 代金引換決済を準備しよう

以前の決済方法の準備の記事を読んで無い方はこちらから。 ネットショップ開店前準備 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>